相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス http://www.sakurai-h.jp/ ja http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss BlogServer3.0 help@blogdehp.jp help@blogdehp.jp 新会社法のQ&A http://www.sakurai-h.jp/article/7565489.html 新会社法のQ&Aとは別に、新会社法・会社設立Q&Aも新たに設けましたので、そちらも参考にしてみてください。 随時、記事を追加しています。 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい事業主の皆様に代わって、新会社の設立業務・定款の見直し等のお手伝いをさせて頂いております。 お困りの事業主様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 Mon, 01 Oct 2007 17:36:20 +0900 東京都 杉並区 行政書士 櫻井法務行政書士オフィス 最新情報 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 新会社法Q&A http://www.sakurai-h.jp/article/7943004.html ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■新会社法Q&A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ お調べになりたい項目をクリックして下さい。Q1.新会社法では有限会社はどうなりますか?Q2.新会社法においては最低資本金はどうなりますか?Q3.商号について新会社法ではどう変わりましたか?Q4.新会社法における定款はどう変わりましたか?Q5.払込保管証明書についてはどう変わりましたか?Q6.「新株発行」に関しては何が変わりましたか?Q7.現物出資や財産引き受けについては、どのような見直しが行われましたかQ8.事後設立について新会社法ではどう変更されましたか?Q9.新株予約権とはなんですか?Q10.企業防衛の手段として新株予約権を利用する事が出来ますか?Q11.買収防衛策指針について教えてください。Q12.種類株式についてどのような場合に株式買取請求ができるようになったのですか。Q13.企業防衛と種類株式についてQ14.株主総会以外の機関の設置については、どのような見直しが行われましたか。Q15.機関設計のルールについてはどうなっていますか?Q16.株主総会の招集手続きについては、どのような見直しが行われましたか?Q17.株主総会の決議要件についての見直しはどのように行われましたか?Q18.取締役の資格及び員数に関してはどのような見直しが行われましたか?Q19.取締役の任期についてはどう変更されましたか?Q20.取締役の選任と解任については、どう見直しが行われましたか?Q21.取締役の業務執行についてQ22.共同代表取締役登記制度の廃止についてQ23.取締役会の招集や決議についての改正点は何ですか?Q24.重要財産委員会を廃止して特別取締役制度を創設した理由は何ですか?Q25.監査役に関してはどのような改正が行われましたか?Q26.会計参与の資格・任期はどのようになっていますか?Q27.会計参与の職務権限は何ですか?Q28.会計参与の責任についてはどうなっていますか?Q29.会計監査人を置かなければならない会社とはどんな会社ですか?Q30.会計監査人の欠格事由ついてはどうなっていますか?Q31.委員会設置会社についてはどのような見直しが行われましたか?Q32.委員会設置会社において、取締役が使用人を兼務できないとする理由についてQ33.会計帳簿については、どのような見直しが行われましたか?Q34.会計帳簿の閲覧請求についてどのような見直しが行われましたか?Q35.計算書類の種類および記載事項についてはどのような見直しが行われましたか?Q36.連結計算書類については、どのような見直しが行われましたか?Q37.連結決算に必要な書類にはどんなものがありますか?Q38.利益の配当に関しては、どのような見直しが行われましたか?Q39.分配可能額はどのように算定されるのですか?Q40.剰余金の配当に関する責任および期末の填補責任については、どのような見直しが行われましたか?Q41.営業譲渡に関する規制についてはどのような見直しが行われましたか?Q42.事後設立に関する規制については、どのような見直しが行われましたか?Q43.解散・清算について新会社法ではどのような見直しが行われましたか?Q44.持分会社とは何ですか?Q45.合同会社(日本板LLC)とは何ですか?Q46.合同会社(日本板LLC)の債権者保護のための手続きはどうなっていますか?Q47.日本板LLP(有限責任事業組合)とは何ですか?Q48.パススルー課税とは何ですか?Q49.社債についてはどのような見直しが行われましたか?Q50.社債管理会社の権限と責任についてはどう変更されましたか?Q51.異なる会社間の組織変更はどのような手続きで行なわれますか?Q52.組織再編行為には、どのようなものがありますか?Q53.対価柔軟化とは何ですか?Q54.対価柔軟化においては、どのようなものが対価として認められますか?Q55.略式組織再編行為とは何ですか?Q56.略式組織再編行為において,少数株主や種類株主の利益はどのように保護されますか?Q57.外国会社は日本ではどのように扱われていますか?Q58.擬似外国会社については、どのような見直しが行われましたか?Q59.新株発行、自己株式の処分、新株予約権発行の無効の訴えの提訴期間についてはどうなりましたか?Q60.新株発行、自己株式処分、新株予約権発行の不存在確認の訴えを新設することとしたのは何故ですか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このQ&Aには、代表的な質問しか載せてありません。個々のケースによって微妙に解決法が異なる場合がありますので、詳しいことは遠慮なくお問合せ下さい。櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい事業主の皆様に代わって、新会社の設立業務・定款の見直し等のお手伝いをさせて頂いております。 お困りの事業主様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。 拏 何でも相談 Mon, 24 Sep 2007 13:41:37 +0900 東京都 杉並区 行政書士 櫻井法務行政書士オフィス 最新情報 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 新会社法・会社設立Q&A http://www.sakurai-h.jp/article/13131279.html 新会社法にもとづく会社設立の仕方・注意点をわかりやすく解説しています。新会社法そのものについては、別に新会社法Q&Aを設けていますので、新会社法Q&Aを参考にしてください。 ただいま、随時、新しい記事を追加中です。 お調べになりたい項目をクリックして下さい。Q1.新会社法での会社設立の手続きの概略は?Q2.定款の作成は、どうすればいいのですか?Q3.発起人とは?Q4.商号を決める為の注意点は?Q5.事業目的とは?Q6.本店所在地はどこにすればいいのですか?Q7.資本金は幾らにすればいいですか?Q8.決算期はどういう風にきめればいいですか? Q9.決算公告方法はどうすればいいですか?Q10.取締役の任期は、どうすればいいですか?Q11.定款を作成する前に、何を準備すればいいですか?Q12.定款認証をする前に、どんなリスクを確認しておけばよいでしょうか?Q13.定款認証について どこに行けばよいのですか?Q14.定款認証を受けるやり方はどうすればよいのですか・Q15.資本金の払込方法はどうすればいいですか?Q16.現物出資はどうすればよいですか?Q17.登記とは何ですか?Q18.会社成立後の各種届出は、どうすればよいですか?(1)Q19.会社設立後の各種届出は、どうすればよいですか?(2)Q20.会社設立後の各種届出は、どうすればよいですか?(3)櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい事業主の皆様に代わって、新会社の設立業務・定款の見直し等のお手伝いをさせて頂いております。 お困りの事業主様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 Sun, 23 Sep 2007 20:19:27 +0900 東京都 杉並区 行政書士 新会社法・会社設立 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 新会社の設立をお考えの事業主さまへ(会社設立 東京都 杉並区) http://www.sakurai-h.jp/article/13136508.html 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい事業主の皆様に代わって、新会社の設立業務・定款の見直し等のお手伝いをさせて頂いております。 お困りの事業主様は、是非、お問合せ下さい。 TEL 03-5310-4578 ・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。 Fri, 14 Sep 2007 12:21:54 +0900 東京都 杉並区 行政書士 会社設立 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 建設業者の皆様に http://www.sakurai-h.jp/article/13136507.html ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■このQ&Aには、代表的な質問しか載せてありません。個々のケースによって微妙に解決法が異なる場合がありますので、詳しいことは遠慮なくお問合せ下さい。 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい建設業者の皆様に代わって、建設業許可申請(大臣・知事・新規・更新・変更)、経営事項審査申請、決算変更届等の業務を、代行または代理申請しております。 お困りの建設業者様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 Fri, 14 Sep 2007 12:13:09 +0900 東京都 杉並区 行政書士 建設業許可申請 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 建設業者の皆様に http://www.sakurai-h.jp/article/13136506.html 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい建設業者の皆様に代わって、建設業許可申請(大臣・知事・新規・更新・変更)、経営事項審査申請、決算変更届等の業務を、代行または代理申請しております。 お困りの建設業者様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 Fri, 14 Sep 2007 12:09:04 +0900 東京都 杉並区 行政書士 経営事項審査 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 建設業許可・経営事項審査・最新情報 http://www.sakurai-h.jp/article/13134594.html この記事は、主に建設通信新聞の記事をもとに、最新の建設関係のニュースをお届けしています。 そのため、ほかのQ&Aとは違い、Qの順番が数字の多いほうが上に来ています。(記事の新しいほうが最初に来ています。) お調べになりたい項目をクリックして下さい。Q47.総合評価 加算方式Q46.国交省の建設コンサル業務Q45.工学系技術者Q44.日本板インスペクター(検査員)制度Q43.東京都の新総合評価方式Q42.ダンピング対策Q41.入札ボンド(6)Q40.入札ボンド(5)Q39.調達支援Q38.入札ボンド(4)Q37.入札ボンド(3)Q36.入札ボンド(2)Q35.入札ボンド(1)Q34.進化を見せる「環境報告書」Q33.VEリーダー合格者発表Q32.入札ボンド導入(全建、国交省と意見交換)Q31.建設生産システム懇談会(中間報告)Q30.総合評価低入対策Q29.国交省のダンピング対策Q28.建築設備士Q27.JR東日本丸の内駅舎復元工事Q26.人材をいかす資格戦略(10)・・・登録建築家Q25.人材を生かす資格戦略(9)・・・APECアーキテクトQ24.人材をいかす資格戦略(8)・・・RCCMQ23.人材をいかす資格戦略(7)・・・VEリーダーQ22.人材をいかす資格戦略(6)・・・BELCA認定資格Q21.人材をいかす資格戦略(5)・・・土木学会認定技術者Q20.人材をいかす資格戦略(4)・・・ダム工事総括管理技術者Q19.人材をいかす資格戦略(3)・・・コンクリート診断士Q18.人材をいかす資格戦略(2)・・・CASBEE評価員Q17.人材をいかす資格戦略(1)・・・経審加点対象Q16.資格取得へ促進策Q15.日本型入札ボンド(2)Q14.土壌汚染対策基金Q13.建築士講習義務Q12.建築設備士(2)Q11.NETIS(新技術情報提供システム)登録技術Q10.建築設備士(1)Q9. 新建築士制度(2)Q8. 顧客獲得へQ7. 中小企業向け官公需Q6. 新建築士制度(1)Q5. 低入札価格調査制度Q4. 日本型入札ボンド制度Q3. 建退共の今後のあり方Q2. 国交省 虚偽防止対策Q1. 経営事項審査とは■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい建設業者の皆様に代わって、建設業許可申請(大臣・知事・新規・更新・変更)、経営事項審査申請、決算変更届等の業務を、代行または代理申請しております。 お困りの建設業者様は、是非、お問合せ下さい。  TEL 03-5310-4578 ・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 ・・メール相談 Tue, 04 Sep 2007 13:12:05 +0900 東京都 杉並区 行政書士 櫻井法務行政書士オフィス 最新情報 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題&解説 http://www.sakurai-h.jp/article/13133374.html 行政書士試験の予想問題を主に過去の司法試験・司法書士試験を題材に、まとめてあります。憲法問題45.憲法問題44.解説憲法問題44.憲法問題43.解説憲法問題43.憲法問題42.解説憲法問題42.憲法問題41.解説憲法問題41.憲法問題40.解説憲法問題40.憲法問題39.解説憲法問題39.憲法問題38.解説憲法問題38.憲法問題37.解説憲法問題37.憲法問題36.解説憲法問題36.憲法問題35.解説憲法問題35.憲法問題34.解説憲法問題34.憲法問題33.解説憲法問題33.憲法問題32.解説憲法問題32.憲法問題31.解説憲法問題31.憲法問題30.解説憲法問題30.憲法問題29.解説憲法問題29.憲法問題28.解説憲法問題28.憲法問題27.解説憲法問題27.憲法問題26.解説憲法問題26.憲法問題25.解説憲法問題25.憲法問題24.解説憲法問題24.憲法問題23.解説憲法問題23.憲法問題22.解説憲法問題22.憲法問題21.解説憲法問題21.憲法問題20.解説憲法問題20.憲法問題19.解説憲法問題19.憲法問題18.解説憲法問題18.憲法問題17.解説憲法問題17.憲法問題16.解説憲法問題16.憲法問題15.解説憲法問題15.憲法問題14.解説憲法問題14.憲法問題13.解説憲法問題13.憲法問題12.解説憲法問題12.憲法問題11解説憲法問題11.憲法問題10.解説憲法問題10.憲法問題9.解説憲法問題9.憲法問題8.解説憲法問題8.憲法問題7.解説憲法問題7.憲法問題6.解説憲法問題6.憲法問題5.解説憲法問題5. 憲法問題4.解説 憲法問題4. 憲法問題3.解説 憲法問題3. 憲法問題2.解説 憲法問題2.憲法問題1.解説憲法問題1. Sun, 26 Aug 2007 22:13:15 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 建設業許可・経営事項審査・最新情報 Q&A http://www.sakurai-h.jp/article/13133359.html この記事は、主に建設通信新聞の記事をもとに、最新の建設関係のニュースをお届けしています。 そのため、ほかのQ&Aとは違い、Qの順番が数字の多いほうが上に来ています。(記事の新しいほうが最初に来ています。) お調べになりたい項目をクリックして下さい。Q47.総合評価 加算方式Q46.国交省の建設コンサル業務Q45.工学系技術者Q44.日本板インスペクター(検査員)制度Q43.東京都の新総合評価方式Q42.ダンピング対策Q41.入札ボンド(6)Q40.入札ボンド(5)Q39.調達支援Q38.入札ボンド(4)Q37.入札ボンド(3)Q36.入札ボンド(2)Q35.入札ボンド(1)Q34.進化を見せる「環境報告書」Q33.VEリーダー合格者発表Q32.入札ボンド導入(全建、国交省と意見交換)Q31.建設生産システム懇談会(中間報告)Q30.総合評価低入対策Q29.国交省のダンピング対策Q28.建築設備士Q27.JR東日本丸の内駅舎保存復元工事Q26.人材をいかす資格戦略(10)・・・登録建築家Q25.人材をいかす資格戦略(9)・・・APECアーキテクトQ24.人材をいかす資格戦略(8)・・・RCCMQ23.人材をいかす資格戦略(7)・・・VEリーダーQ22.人材をいかす資格戦略(6)・・・BELCA認定資格Q21.人材をいかす資格戦略(5)・・・土木学会認定技術者Q20.人材をいかす資格戦略(4)・・・ダム工事総括管理技術者Q19.人材をいかす資格戦略(3)・・・コンクリート診断士Q18.人材をいかす資格戦略(2)・・・CASBEE評価員Q17.人材をいかす資格戦略(1)・・・経審加点対象Q16.資格取得へ促進策Q15.日本型入札ボンド(2)Q14.土壌汚染対策基金Q13.建築士講習義務Q12.建築設備士(2)Q11.NETIS(新技術情報提供システム)登録技術Q10.建築設備士(1)Q9. 新建築士制度(2)Q8. 顧客獲得へQ7. 中小企業向け官公需Q6. 新建築士制度(1)Q5. 低入札価格調査制度Q4. 日本型入札ボンド制度Q3. 建退共の今後のあり方Q2. 国交省 虚偽防止対策Q1. 経営事項審査とは■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 櫻井法務行政書士オフィスでは、お忙しい建設業者の皆様に代わって、建設業許可申請(大臣・知事・新規・更新・変更)、経営事項審査申請、決算変更届等の業務を、代行または代理申請しております。 お困りの建設業者様は、是非、お問合せ下さい。・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。拏 何でも相談 Sun, 26 Aug 2007 19:43:11 +0900 東京都 杉並区 行政書士 経営事項審査 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 総合評価 加算方式 http://www.sakurai-h.jp/article/13156529.html 国土交通省は、2006年度内に総合評価方式の落札者決定の算出方式として加算方式を試行導入する事を決めました。 これまで、旧建設省時代の1998年度から導入した総合評価方式はすべて除算方式を採用してきた国交省にとっては大きな転換点となる可能性があります。 すでに、業界側から「真の技術力競争には、技術評価点が応札価格によって変動する除算方式ではなく加算方式がベスト」との指摘が相次いでいました。 2006年度内に1件試行した後、「2007年度内には検証するために加算方式の拡大を検... Sun, 07 Jan 2007 12:43:11 +0900 東京都 杉並区 行政書士 経営事項審査 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題45. http://www.sakurai-h.jp/article/13156523.html 次の文章は、表現と行為の関係に言及した、ある最高裁判所判決の一節である。これを読み、同様に純然たる意見表明ではない各種の行為に対して、判決が採っている考え方として誤っているものは、次の1~5のうちのどれか。 憲法21条の保障する表現の自由は、民主主義国家の政治的基盤をなし、国民の基本的人権のうちでもとりわけ重要なものであり、法律によっても、みだりに制限する事ができないものである。そして、およそ政治的行為は、行動としての面を持つほかに、政治的意見の表明としての面をも有するもので... Sun, 07 Jan 2007 11:29:37 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題44.解説 http://www.sakurai-h.jp/article/13156397.html 正解 4ア 認められていない「指名」ではなく、「任命」です。 憲法6条1項「天皇は、国会の指名に基づいて。内閣総理大臣を任命する。」イ 認められていない「裁可」ではなく、「公布」です。憲法7条1号「憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。」「裁可」とは、法律等に国民を拘束する潜在的な効力を付与するものを言います。ウ 認められていない「任免」ではなく「認証」です。憲法7条5号「国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること.」エ 認められていない「決定」ではなく、「認証」です。憲法7条6号「大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。」オ 認められている憲法7条3号「衆議院を解散すること。」ただし、天皇が実質的に解散を決定するわけではなく、7条によって内閣に実質的な解散決定権が存するという、慣行が成立しています。行政書士試験 H18 問題4 Sat, 06 Jan 2007 09:11:55 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題44. http://www.sakurai-h.jp/article/13156002.html 次のア~オの記述のうち、憲法上、天皇の国事行為として認められていないものはいくつあるか。ア 内閣総理大臣の指名イ 憲法改正、法律、政令及び条約の裁可ウ 国務大臣の任免エ 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権の決定エ 衆議院の解散1 一つ2 二つ3 三つ4 四つ5 五つ Sat, 30 Dec 2006 10:24:53 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題43.解説 http://www.sakurai-h.jp/article/13155926.html 本問は、私人間効力の問題です。人権の制限は、法律や条例など、公権力によってなされる事が多いといえます。しかしながら、私人によって、人権侵害がなされる事も実際には多く発生しています。 私人間で人権侵害が行なわれた場合に、そこに憲法を適用して当該人権を救済していくべきなのか、これが私人間効力(第三者効力)と呼ばれる問題です。 学説は、無効力説、直接適用説、間接適用説に分かれていますが、通説判例は間接適用説を採用しています。 間接適用説とは民法90条のような私法の一般条項を媒介と... Fri, 29 Dec 2006 09:20:31 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス 憲法問題43. http://www.sakurai-h.jp/article/13155783.html 私人間における人権規定の効力に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例の述べるところはどれか。1.憲法の定める基本的人権のうち重要なものは、単に国家権力に対する自由権を保障するのみでなく、社会生活の秩序原理でもある。これは一定の範囲において、国民相互の法律関係に対して直接の意味を有する。2.人の思想、信条は身体と同様本来自由であるべきものであり、その自由は憲法19条の保障するところでもあるから、企業が労働者を雇用する場合等、一方が他方より優越した地位にある場合に、その意に反してみだりにこれを侵してはならない事は明白である。3.日本国憲法は価値中立的な秩序ではなく、その... Thu, 28 Dec 2006 10:08:08 +0900 東京都 杉並区 行政書士 行政書士試験応援団(憲法編) 杉並区 行政書士 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス