相続、遺言、離婚、建設業許可申請、経営事項審査等でお悩みの方は、杉並区の櫻井法務行政書士オフィスにお任せください!

 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス

住所:〒167-0022 東京都杉並区下井草2-4-17
主な業務地域:杉並区・中野区練馬区新宿区世田谷区ほか 東京都内全域

営業時間:月〜金 9:00~18:00
土日・祝祭日、時間外も可能な限り対応

何でも相談・いつでもお問合せ

03-5310-4578

FAX:03-5310-4568

親子関係(33)・・・親権の終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q33.親権はどのような場合に終了しますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A33.

一.親権の終了原因

1.未成年者が成年に達する事

2.子の死亡、婚姻といった子の事由

3.親権者側の事由

(1)親権者自身の死亡・離婚

(2)事実上・法律上の行使不能

(3)親権喪失

(4)親権辞任

二.親権喪失

1.民法834条

父又は母が、親権を濫用し、又は著しく不行跡である時は、家庭裁判所は、子の親族または検察官の請求によって、その親権の喪失を宣告する事ができる。

2.親権の濫用

必要以上の折檻や、子の財産を自己の為に処分することなど。

3.民法835条

親権を行なう父又は母が、管理が失当であったことによってその子の財産を危うくした時は、家庭裁判所は、子の親族又は検察官の請求によって、その管理権の喪失を宣告する事ができる。

・このように、親権のうち、財産管理権だけを喪失させる事もできます。(管理権喪失)

三.親権辞任

1.837条1項

親権を行なう父又は母は、やむを得ない事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、親権又は管理権を辞する事ができる。

・たとえば、非嫡出子の母が子を連れずに再婚するような場合が考えられます。

2.837条2項

前項の事由が消滅した時は、父又は母は、家庭裁判所の許可を得て、親権又は管理権を回復することができる。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

櫻井法務行政書士オフィスでは、離婚に伴うさまざまな問題に皆様と一緒に取り組んでいます。

離婚協議書の作成養育費の問題・お子さんの親権の問題姓(氏)の問題等で、もし、お悩みであれば遠慮なくお問合せ下さい。

親身になって、一緒に考えていきます。

・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。

何でも相談

親子 Q&A

お調べになりたい項目をクリックして下さい。

Q1.嫡出子と非嫡出子の違いは何ですか?

Q2.推定される嫡出子とは何ですか?

Q3.推定の及ばない子(表見嫡出子)とは何ですか?

Q4.親子関係不存在確認訴訟とは何ですか?

Q5.推定されない嫡出子とは何ですか?

Q6.準正とは何ですか?

Q7.非嫡出子とは何ですか? また、認知とは何ですか?

Q8.認知の手続きはどうすればよいですか?

Q9.虚偽の嫡出子出生届に認知としての効力を認める事ができますか?

Q10.事実に反する認知を無効にできるでしょうか?

Q11.故意に虚偽の認知をした者があとで取り消す事ができますか?

Q12.詐欺・強迫によって認知した者は、あとで、詐欺・強迫を理由に認知を取り消す事ができますか?

Q13.母子関係の発生に母の認知は必要ですか?

Q14.強制認知とは何ですか?

Q15.認知の訴えはいつまでにすればよいですか?

Q16.父子関係の存在が推定されれば、3年以上経過しても認知請求は可能でしょうか?

Q17.父の死後3年以上経過しても認知の訴えが認められる場合はどんな場合ですか?

Q18.父子関係を証明するにはどうすればよいですか?

Q19.親権とは親の権利の事ですか?

Q20.親権の内容にはどのようなものが有りますか?

Q21.生まれた自分の子どもに「悪魔」と命名することは許されますか?

Q22.悪魔ちゃん事件はその後どうなりましたか?

Q23.子どもの引渡しをめぐる事件にはどんなものがありますか?

Q24.子どもの引渡し請求には他にどのようなものがありますか?

Q25.子どもの引渡し請求の訴訟形態にはどのようなものが有りますか?

Q26.別居中の夫婦の間の子どもの引渡し請求についてはどうなりますか?

Q27.財産管理権とは何ですか?

Q28.利益相反行為とは何ですか?

Q29.親権者の一方と子が利益相反した場合はどうなりますか?

Q30.親権はどのような親と子に成立するのでしょうか?

Q31.そのほかの親権の要件はどうなっていますか?

Q32.非嫡出子や養子の親権者は誰ですか?

Q33.親権はどのような場合に終了しますか?

Q34.児童虐待の現状はどうなっていますか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

櫻井法務行政書士オフィスでは、離婚に伴うさまざまな問題に皆様と一緒に取り組んでいます。

離婚協議書の作成養育費の問題・お子さんの親権の問題姓(氏)の問題等で、もし、お悩みであれば遠慮なくお問合せ下さい。

親身になって、一緒に考えていきます。

・電話・FAX・メール・お問合せフォーム等から承っております。

何でも相談

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5310-4578

営業時間:月〜金 9:00~18:00
土日・祝祭日、時間外も可能な限り対応いたします。

FAX:03-5310-4568/携帯:090-1651-4805
※FAX・フォームは年中無休24時間受付

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

03-5310-4578

営業時間:
月〜金 9:00~18:00

土日・祝祭日、時間外も
可能な限り対応いたします。

お問合せフォームはこちら

事務所概要

櫻井法務行政書士オフィス

03-5310-4578

090-1651-4805

03-5310-4568

sakurai.10.2.5.4-s@m9.dion.ne.jp

代表者:櫻井彰二

〒167-0022
東京都杉並区下井草2-4-17

主な業務地域

杉並区・中野区・練馬区・
新宿区・世田谷区ほか
東京都内全域

事務所概要はこちら

お問合せフォームはこちら