相続、遺言、離婚、建設業許可申請、経営事項審査等でお悩みの方は、杉並区の櫻井法務行政書士オフィスにお任せください!

 相続 遺言 離婚 建設業許可申請 櫻井法務行政書士オフィス

住所:〒167-0022 東京都杉並区下井草2-4-17
主な業務地域:杉並区・中野区練馬区新宿区世田谷区ほか 東京都内全域

営業時間:月〜金 9:00~18:00
土日・祝祭日、時間外も可能な限り対応

何でも相談・いつでもお問合せ

03-5310-4578

FAX:03-5310-4568

トップページ

何かお困りのことは有りませんか?

私たちが日常生活を送っていく上で、様々なトラブルに巻き込まれます。
トラブルがなくても、面倒な手続きは避けては通れません。

例えば、離婚問題、親子関係、相続問題、男女間トラブル等の
身近な人間同士の感情のもつれによる紛争、また、会社設立建設業宅建業飲食業等の

免許・許可申請、融資、債権回収などの金銭問題等数え上げればきりがありません。

これらの 諸問題 を一人で悩むのには 限界 があります。
何かお困りのことが御座いましたら下記の Q&A を参考にしてみてください。

それでも、解決しない場合は遠慮なくお問合せ下さい。 

お電話・FAX・メール・専用のお問合せフォーム等
使い勝手のよい方法でどうぞ

なるべく素早い対応を心がけておりますが、返信しても、メールのアドレスが間違っていたりして届かない場合があります。2~3日しても、もし、返答がない場合は再度お問合せ下さい。

お調べになりたいQ&Aをクリックして下さい

建設業許可申請 Q&A

新規で建設業許可を取ろうとお考えの方、
あるいは更新手続きが迫っている方の為に
建設業許可申請手続きの概略を紹介しています。

  • 許可を取りたいんだけど…
  • 更新の時期が迫っているんだけど…

経営事項審査 Q&A

経営事項審査をお考えの方の為に、経審とは何かを説明しています。

  • 評点アップの方法は?
  • 入札に参加したいんだけど…

新会社法 Q&A

平成18年5月から施行された新会社法の考え方を
現行商法と対比しながら重要ポイントを解説しています。

  • 今年から新会社法が施行されたって?
  • うちの会社はどうすればいいの?

新会社法・会社設立 Q&A

  • 新会社法での会社設立は、どう変わりましたか?
  • 資本金が無くても、会社が設立できるの?

相続 Q&A

相続問題にお困りの方の為に、
重要判例をまじえながら、相続問題にお答えします。

  • 親父が亡くなった。どうすればいい?
  • 俺は一体、幾ら貰えるの?

遺言 Q&A

どういった遺言を書けばいいのか、遺言の重要性を解説しています。

  • 兄弟姉妹の醜い相続争いだけはして欲しくない。
  • 苦労したあの子には財産を多くあげたい。

成年後見制度 Q&A

成年後見制度について成り立ちから手続きの仕方まで解説しています。

  • 最近、親が認知症ぎみだが…
  • 最近、物忘れがひどくなったみたいだ。何か手を打っておかないと

婚姻 Q&A

婚姻にまつわる法律問題について、
重要判例、事例をまじえながら解説しています。

  • 結婚することになったんだけど…
  • 夫婦の財産はどうなるの?

離婚 Q&A

離婚問題についてお困りの方に、
離婚についての様々な法律問題を解説しています。

  • えっ!ちょっと、待って!
  • どうしても別れたい!

親子 Q&A

親子の法律問題について
さまざまな角度から解説しています。

  • 認知して欲しい!
  • 私は誰の子?

養子 Q&A

養子の問題について
様々な角度から解説しています。

  • 特別養子とは?
  • 代諾養子縁組とは?

さまざまなお悩みを解決します!!
上記のQ&Aで解決しない場合は、遠慮なくお問合せ下さい。

何でも相談・いつでもお問合せ!お問合せフォームはこちら

ごあいさつ

櫻井法務行政書士オフィス地元密着型で主に
東京都・杉並区・中野区・練馬区・新宿区・世田谷区を主要な業務地域として、
東京都内全域を中心に業務展開をしております。

なお、地方の方でも可能な限り対応させて頂いております。(出張も承ります。)

初回の電話相談・FAX相談・メール相談・資料請求は 無料 です。

親切・丁寧・迅速対応いたします。

日曜・祝日も可能な限り対応いたします。
会社・事務所・自宅までの出張も承ります。

どうぞ、ご遠慮なくお申出下さい。

お問合せはこちら

主な取扱業務
建設・宅建関係
  • 建設業許可申請(大臣・知事・新規・更新・決算報告・その他各種変更届)
  • 経営事項審査申請(大臣・知事・法人・新規)
  • 経営規模等評価申請・総合評定値請求
  • 経営状況分析申請
  • 建設工事等入札資格審査申請
  • 電気工事業者登録申請
  • 宅地建物取引業免許申請(法人・大臣・知事・新規・更新)
  • 建築士事務所登録申請
  • 解体工事業登録申請
  • 道路占用許可申請
企業法務関係
  • 新会社法に基づく株式会社設立書類作成
  • 新会社法に基づく定款変更・見直し
  • 各種法人(医療・学校・組合)の設立
  • 特定非営利活動法人(NPO法人)設立認証申請
  • 各種議事録作成
  • 公的融資(国民金融公庫等)・助成金の申し込み手続き
  • 介護保険実施に伴う指定事業所申請
  • 労働者派遣事業手続き
相続・離婚・各種市民法務関係
  • 相続人および相続財産の調査
  • 相続関係説明図作成
  • 遺産(財産)目録作成
  • 遺言書の起案および作成指導
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続分無きことの証明書作成
  • 遺言執行手続き
  • 内容証明書の作成
  • 契約書作成(雇用・売買・業務委託・工事請負・賃貸・金銭消費貸借)
  • 契約解除(クーリング・オフ)
  • 任意後見契約の公正証書作成
  • 高齢者財産管理・高齢者福祉の各種申請
  • 戸籍関係各種届出書の作成
  • 離婚に伴う各種書類作成(離婚協議書・財産分与・慰謝料・養育費・公正証書)

その他各種書類作成 等、幅広くご相談に応じております。

何でも相談・いつでもお問合せ!お問合せフォームはこちら

行政書士とは?

行政書士と聞いて、一体どんな仕事をする人なのだろうと思った事はありませんか?

建設業者の皆様は、普段、許可申請や、経営事項審査や、各種変更届等で行政書士に接していらっしゃるので、ある程度イメージが湧くとは思います。

しかし、一般の人達にとっては、弁護士も、司法書士も、行政書士も、その仕事の内容の違いについて、はっきりしたイメージが湧きにくいのではないかと思われます。

行政書士の業務というと、官公署に提出する書類の作成、契約書等の作成業務を思い浮かべる方も多いとは思いますが、決してその業務だけにとどまりません。

例えば、会社設立相続遺言協議離婚内容証明悪徳商法不当要求等にも対処しています。

それでは、行政書士は弁護士や司法書士とはどう違うのでしょうか?

司法書士は登記に関してのスペシャリストであり、公認会計士税理士は税務に関するスペシャリストです。そして、弁護士は法解釈学や訴訟を主たる職務としています。

行政書士は、医学でたとえるならば、内科医的であり、町医者的だと思ってください。

紛争の解決に直ちに介入してその解決を図るものではありません。

要するに、外科医のように直ちに悪い部分を手術によって切り取ってしまう訳ではないのです。

皆さんは、風邪を引いた時、すぐ大学病院に駆け込みますか?

普通はかかり付けの町のお医者さんに診てもらうのではないでしょうか。

行政書士は、紛争ができるだけ起きないように、予防法学(紛争予防・訴訟回避・権利義務関係の明確化)的な役割を担っています。

風邪を引いたり、お腹が痛くなったりした時、かかり付けの近所のお医者さんに、先ず診てもらうように、何か困った時に、近所の行政書士に相談し、法律的な判断をしてもらう

また、法律以上の知恵を授けてもらう、といった活用の仕方ができるのです。

勿論、町医者が手に負えない病気だと診たてた場合大学病院を紹介するように、行政書士もこの事案は弁護士、この事案は司法書士、さらにこの事案だと社会保険労務士、あるいは公認会計士、税理士という風に判断して、お客様の依頼があれば信頼のおける他士業の先生を紹介したりもします。

信頼できる弁護士や公認会計士、あるいは税理士、司法書士、社会保険労務士等の士業の先生方をご存知でなければ、行政書士の持っている人脈をフルに活用する事もできます。

困った時は、先ず、行政書士に相談

そういう意味で、行政書士は「身近な街の法律家」とも呼ばれています。

主要ご相談対応地域

クリックすると、都庁・県庁・各市役所・区役所等のホームページとリンクします。

その他地域は電話・メール・FAX等でのご相談に応じます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5310-4578

営業時間:月〜金 9:00~18:00
土日・祝祭日、時間外も可能な限り対応いたします。

FAX:03-5310-4568/携帯:090-1651-4805
※FAX・フォームは年中無休24時間受付

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

03-5310-4578

営業時間:
月〜金 9:00~18:00

土日・祝祭日、時間外も
可能な限り対応いたします。

お問合せフォームはこちら

事務所概要

櫻井法務行政書士オフィス

03-5310-4578

090-1651-4805

03-5310-4568

sakurai.10.2.5.4-s@m9.dion.ne.jp

代表者:櫻井彰二

〒167-0022
東京都杉並区下井草2-4-17

主な業務地域

杉並区・中野区・練馬区・
新宿区・世田谷区ほか
東京都内全域

事務所概要はこちら

お問合せフォームはこちら